2019年6月19日水曜日

東北大会 団体2位、個人2位

東北高等学校ソフトテニス選手権大会が新青森県総合運動公園テニスコートで6月15日(土)~16日(日)に行われました。テスト期間でもあるため練習時間を多少削り、その中での大会となりました。

予選リーグ
東北生分大高(宮城)②ー1 で勝ち
桜の聖母(福島)  ②ー1 で勝ち
黒沢尻北(岩手)  ③ー0 で勝ち

準決勝 
秋田北(秋田)   ②ー0 で勝ち
決勝
東北(宮城)    ②-1 で敗退

1対戦目1年生の小林・福島ペアが田村・縄田(個人戦1位)から4-0で勝ち、2対戦目の白幡・福島ペアが3-2の2-0リードまでいったのですが、ファイナルで敗退。あと少しのところまでいくのですが、そこが大変なところです。インターハイまでは接戦を乗り越えられる力をつけたいと思います。

個人
2位   三浦・川又ペア
ベスト8 白幡・福島ペア
     小林・福島ペア








2019年6月2日日曜日

県IH予選 団体1位、個人IH3ペア

酒田国体記念テニスコートで6月31日(金)~6月2日(日)県高等学校総合体育大会ソフトテニス競技(インターハイ県予選)が行われました。今年は7月30日(火)~8月1日(木)に宮崎県宮崎市生目の杜テニスコートで全国高等学校総合体育大会ソフトテニス競技(インターハイ)が行われます。

個人
1位 小林(1年)・福島希(1年)ペア(インターハイ)
3位 三浦(3年)・川又 (3年)ペア(インターハイ)
5位 白幡(3年)・福島要(3年)ペア(インターハイ)
9位 佐藤(3年)・菊池 (3年)ペア(東北大会)
9位 矢口(1年)・野尻 (1年)ペア(東北大会)

※小林・福島ペアは県春季大会でも優勝しており2冠です。県国体も優勝し3冠となれば 
 国体の県代表に確定します。3年生6人が東北大会以上の権利を得ることが出来まし
 た。

団体
2回戦  対高畠高校  ③-0 で勝ち
3回戦  対酒田西高校 ②-0 で勝ち
準々決勝 対南陽高校  ②-0 で勝ち
準決勝  対酒田南高校 ②-1 で勝ち
決勝   対城北高校  ②-1 で勝ち

※4年連続5回目の優勝となります。そろそろインターハイでベスト8以上の入賞したい
 ものです。





2019年4月22日月曜日

ハイジャパ県予選 ダブルス:小林・福島 シングルス:小林

4月20日~21日、酒田市国体記念テニスコートで県春季ソフトテニス選手権大会が行われました。優勝ペアだけが6月札幌市で行われるハイスクール・ジャパンカップの出場権が得られます。

優勝 小林(1年)・福島(1年)ペア 

決勝戦はゲームカウント0-2負から競りながら挽回し、ファイナル5-5から7-5で勝利しました。1年生ペアでのハイジャパ出場は羽黒高校では初となります。ベスト8に合計5ペア入りました。


 4月27日(土)ハイジャパのシングルス予選が新庄市東山テニスコートで行われました。

優勝 小林(1年)
3位 安野(1年)

ダブルスに続き、シングルスも1年生の小林美が出場権を獲得しました。

2019年4月15日月曜日

スプリングカップ 1・2・3位

4月13日(土)小真木原テニスコートで昨年までNHK杯だった大会を第1回スプリングカップとして開催されました。田川地区・飽海地区・最上地区の選手が参加しました。
羽黒高校は1・2年生7ペアが出場しました。

1位 福島(1)・小林(1)ペア 
2位 安野(1)・菅井(1)ペア
3位 重野(1)・早坂(1)ペア

来週は県春季大会もあるので、今回の高校での大会経験を生かしてもらいたいです。


2019年4月6日土曜日

東北春季大会 初優勝!!

4月5日 落合テニスコートで東北春季大会が行われました。新1年生も含めてチーム内の生徒であれば登録していない選手でも出場できる唯一の大会です。

予選リーグ で3勝し決勝トーナメントに進みました。
準々決勝 対常盤木学園(宮城県) ②-1 で勝ち
準決勝  対田村高校 (福島県) ②-0 で勝ち
決勝   対東北高校 (宮城県) ②-0 で勝ち

決勝では、三浦・川又ペアが2面展開で勝利している隣で、小林・福島ペアが東北高校エースの田村・縄田ペアと対戦しファイナル4-6から逆転して勝利を上げました。
初優勝です。













2019年4月3日水曜日

全国選抜大会ベスト16

全日本高等学校選抜ソフトテニス大会が愛知県豊田市で行われました。女子は4年前のベスト8以上を目指して大会に臨みました。

2回戦 対延岡高校(宮崎県) ③-0 で勝ち
3回戦 対就実高校(岡山県) ②-0 で敗退

大会直前に佐藤が足首をねん挫し大会に出場できるか心配しましたが何とか間に合い、出場しました。7人しかいない中で県インドア、東北インドア、全国選抜とよくたどり着きました。
3回戦は結果優勝した就実高校に敗退しました。1ゲームも取れずに終わってしまいました。気持ちの面での差が大きいとも思えます。新1年生が加入し4月からまた、全国上位目指して頑張っていきたいと思います。



2019年3月20日水曜日

全日本私立高等学校選抜ソフトテニス大会 結果

3月18日~20日に横浜国際プールと駒沢屋内球技場で全国私学大会が行われました。
女子は団体戦32チーム。

1回戦 対大阪昇陽高校 2-1 で勝ち
2回戦 対豊田大谷高校 1-2 で敗退

1回戦は第3シードの大阪昇陽高校から勝利することが出来ました。今まで勝ったことのない高校でしたので1歩成長したのかもしれません。佐藤・菊池ペアは今まで競っても結果が出せないでいましたが、2回戦はファイナル7-5の接戦をものにし勝利。いい流れで大将戦を迎えました、しかし敗退。3番勝負はゲームカウント2-2のデュースでゲームポイントを取るものの取り切れずに敗退。結果ベスト16(2回戦敗退)となりました。

 個人戦は3ペア出場し、三浦・川又ペア、白幡・福島ペアが予選リーグで2勝してリーグ突破、20日の決勝トーナメントでは残念ながら初戦敗退となりました。

 女子は男子よりも選抜出場回数が多く、4年前はベスト8にも入賞しています。何とか今年も力を発揮してベスト8を超えてもらいたいと思います。

 しかし、現在部員が7名ですのでまずは怪我せず、インフルエンザにかからず大会に参加してもらいたい。(4月には初の10名以上の新入部員が入ります。)



2019年1月20日日曜日

東北インドア大会 団体2位 個人2位

 東北高等学校インドアソフトテニス大会が秋田県由利本荘総合防災公演ナイスアリーナで行われました。1月18日(金)に個人戦、19日(土)に団体戦予選リーグ、20日(日)に団体戦決勝トーナメントという日程でした。
 山形県は県新人戦の個人戦ベスト4が東北インドア大会に出場できます。羽黒高校は1ペア出場しました。

個人戦
準優勝 三浦・川又ペア

決勝戦ではゲームカウント3-0とリードしたが、東北高校のエース田村・縄田ペアに挽回されファイナルへ。ファイナルでは三浦・川又ペアが6-2でリード。しかし、後1本が取りきれず敗退。優勝にはあと1本まできましたが、なかなか手が届きません。この1本を取るために、まだまだ練習が必要だと思います。

団体戦
予選リーグ
1対戦目 対常盤木 (宮城) ②-1 で勝ち
2対戦目 対黒沢尻北(岩手) ②-1 で勝ち



準決勝  対八戸工大一(福島) ②-0 で勝ち
決勝   対   東北(宮城) 0-② で敗退

団体戦は初戦から接戦でした。準決勝も2試合目がファイナル戦を何とかものにしての勝利でした。決勝は個人戦の決勝と同じ対戦となり、リベンジと思いましたが2-1リードから逆転され、敗退しました。3月の選抜大会への出場権を獲得しました。3年前?に選抜でベスト8入賞が最高ですので今年はそれ以上を目指して頑張ってもらいたいです。
※今年のチームは7人で戦っています。一番の敵はケガとインフル! 少ない人数ですが団結して頑張っています。